MENU

外壁・屋根塗装マニュアル2:基本調査や塗装色の検討

  • URLをコピーしました!

外壁・屋根のメンテナンスを行う際、先ず外壁・屋根の
 ・塗装面積
 ・傷み具合
 ・色の把握
などを調査する必要があります。

それらを把握しないと、見積り金額を出せないからです。

実際に筆者は、外壁・屋根塗装業者無料紹介サイトを通して現況調査・見積りを依頼をしました。

この記事では、

  1. 外壁・屋根塗装の現況調査
  2. 外壁・屋根の新たな塗装色の検討
  3. 外壁・屋根塗装無料紹介サイトの活用

について解説します。

現況調査や塗装色を決める上での留意点について、知ることができます。

なお、外壁・屋根塗装業者への発注方法や手抜き工事を防止する方法については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
外壁・屋根塗装マニュアル1:業者への発注方法、手抜き工事を防止 リフォーム業界では、外壁・屋根塗装は、 ・悪徳業者にだまされやすい ・手抜き工事をされると言われています。 その様な状況下「トラブル回避のポイントやコツはない...
目次

1.外壁・屋根塗装の現況調査

写真1.ドローンによる外壁・屋根の現況調査
Δ写真1.ドローンによる外壁・屋根の現況調査

外壁・屋根のメンテナンス工事を行う際、見積り金額を算出するために、
 ・外壁・屋根の塗装面積
 ・外壁・屋根の傷み具合
 ・外壁・屋根の塗装色
を調査する必要があります。

1-1.外壁・屋根の塗装面積

Δ写真2.家屋外周を計測

外壁・屋根の塗装面積を算出するために、
 ・建物外周の寸法
 ・建物の高さ
 ・建物階数
 ・開口部(サッシ・玄関ドア等)の寸法
 ・屋根の形状・勾配
などを計測する必要があります。

平面図や立面図が残っていますと、正確な寸法を把握することができます。
しかし、図面通りに建築されているか否かの確認をする必要があります。

1-2.外壁・屋根の劣化・損傷具合

写真3.屋根のドローン調査
コケやカビが生えている様子がわかる
Δ写真3.屋根のドローン調査
コケやカビが生えている様子がわかる

外壁の劣化・損傷具合については、目視でもある程度わかります。
しかし、屋根の劣化・損傷具合については、目視でわかる部分は限られます。

そこで、屋根や外壁の現況を詳しく調査する方法として、ドローンによる調査があります。

図1.ドローンによる調査
Δ図1.ドローンによる調査

ドローンにより、事前に高所部分である外壁や屋根の現況を写真撮影できれば、工事前と工事後の状況を比較することも可能になります。

ドローンによる現況調査を導入している業者も増えていますので、業者選択の一つの選択肢にしてもいいでしょう。

下の動画は、筆者の自宅を、業者が外壁・屋根の現況調査をした様子です。

Δ動画1.ドローンによる外壁・屋根の現況調査

1-3.外壁・屋根の現況塗装色

事前に、塗装色の確認も必要です。
従来通りの配色で工事を進めるのか?
イメージを変えるために配色を違えるのか?

いずれにしても現況の配色の把握は必要です。
特に屋根の色は、汚れなどにより、新築時とは随分と違っていることもあります。

なお、優良店のお見積りが、最大4社無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



2.外壁・屋根の新たな塗装色の検討

外壁・屋根塗装をする際、現状の配色と
 ・同様にするのか
 ・違うものにするのか
を数パターンほどシミュレーションしますと、配色の選択がし易くなります。

シミュレーションができる業者は、意外と少ないので確認が必要です。

2-1.塗装色のシミュレーション

外壁は、1階部分と2階部分とを2色用いて色分けするケースが多いです。
筆者の場合、階層で分けるのではなく、縦に分けたかったので、塗る部分を明確にするために、図示してもらいました。
もちろん、色の塗り間違えが生じた場合、やり直しするすることも書面で約束しました。

図2.外壁・屋根の塗装色:ケース1
Δ図2.外壁・屋根の塗装色:ケース1
Δ図3.外壁・屋根の塗装色:ケース2
Δ図3.外壁・屋根の塗装色:ケース2
Δ図4.外壁・屋根の塗装色:ケース3
Δ図4.外壁・屋根の塗装色:ケース3

筆者が採用したのは、図1です。

2-2.工事完了後と比較

工事前と工事後の比較をします。

2-2-1.工事前

写真4.工事前写真
Δ写真4.工事前写真

2-2-2.工事後

写真5.工事後写真
Δ写真5.工事後写真

なお、優良店のお見積りが、最大4社無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



3.外壁・屋根塗装無料紹介サイトの活用

写真6.塗装完了後の玄関
Δ写真6.塗装完了後の玄関

外壁塗装業者の選び方は、

  • 優良業者を紹介してくれる一括見積もりサイトを利用
  • 複数の塗装業社から見積もりを比較
  • 専門アドバイザーがいる一括見積もりサイトを選択

などです。

3-1.優良業者を紹介してくれる一括見積もりサイトを利用

一括見積りサイトは、無料で優良業者を紹介してくれるサービスです。

一括見積もりサイトを利用するメリットとしては、

  • 見積り依頼を業者に 1 社ずつ問合せして、取り寄せる手間を省くことが可能
  • 業者を自分で判断することにより、悪徳業者を選定してしまうリスクを取り除くことが可能
  • 業者の WEB サイトを 1 社ずつ調べて、実績などを確認する手間を省くことが可能

一括見積もりサイトを利用する際、良い業者を選定する際には必要なツールといえます。

3-2.複数の塗装業社から見積もりを比較して選択

複数の塗装業者から見積もりを取り寄せることにより、工事料金や工事範囲を比較・、検討することができます。
また、複数の塗装業者に依頼することにより、競争心をあおることができ、見積金額を安く提示させることができます。

注意を要するのは、外壁塗装工事を1 社しか見積もりを取らないことです。
そうなりますと、塗装業者側も比較対象がいなくなり、見積金額を上乗せし、手抜き工事に繋がる可能性が生じます。

3-3.専門アドバイザーがいる一括見積もりサイトを選択

専門アドバイザーは、現在の外壁状況や外壁塗装を行うにあたっての疑問点・不安点を、見積もりする前にヒアリングを行う相談員です。
先に疑問点・不安点を確認しておくことで、対処方法を事前に考え、効率的な外壁塗装を進めることができます。

専門アドバイザーのメリットは、

  • 外壁塗装について、わかりやすく詳しく教示
  • 外壁状況に応じた塗装業者の手配をしてくれる
  • 見積金額や条件などが合わなかった場合には、代行で見積もりを提示した塗装業者に対して、キャンセルをしてくれる

などです。

きめ細かな対応をしてくれますので、専門アドバイザーがいる一括見積もりサイトを選定されることをお勧めします。

図5.専門アドバイザー
Δ図5.専門アドバイザー

なお、当社が厳選した外壁塗装見積無料紹介サイト4選を記事にまとめましたので、ご覧ください。

あわせて読みたい
おすすめ外壁塗装業者紹介サイト4選:業者の選択方法、注意点を解説 公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターによりますと、外壁塗装業者による相談件数は、年々増加傾向にあります。相談内容は、高額な見積もりを提示され契約...

また、優良店のお見積りが、最大4社無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



4.まとめ

以上、

  1. 外壁・屋根塗装の現況調査
  2. 外壁・屋根の新たな塗装色の検討
  3. 外壁・屋根塗装無料紹介サイトの活用

について解説しました。

しっかりした調査に基づいた
 ・外壁・屋根のメンテナンス計画
 ・新たな塗装色のシミュレーション
などは、優良業者でないとできません。

そのためにも、外壁塗装見積無料紹介サイトの活用をおすすめいたします。

5.お役立ち情報案内

外壁塗装に関する情報案内します。
ご活用ください。

5-1.加盟店者数最大級【外壁塗装の窓口】

◆サービス概要◆

上場企業のグループ会社が運営している「外壁塗装の窓口」です!
日本最大級の塗装店とのネットワークを持っており、全国4,000社と提携しています。
優良店のお見積りが最大4社無料で取得することが可能です。
外壁塗装でお困りなら、是非ご利用ください!



5-2.【タウンライフリフォーム(外壁・屋根特集)】無料/申込

◆サービス概要◆

外壁・屋根に対応したリフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、リフォーム費用のお見積りや、リフォームのアドバイスを無料でご提案するサービスです。

◆メリット◆

  • 気に入ったリフォーム会社を選べる!
  • 複数社のプランを比較・検討できる!
  • 利用は全て無料!

5-3.【タウンライフ家づくり】間取りプランを無料で作成

◆サービス概要◆

  • 全国600社以上の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な
     「間取りプラン」
     「資金計画」
    を無料でご提案するサービスです。
  • ネットで簡単に複数の住宅会社に、オリジナルの「家づくり計画書」を依頼することができます。

◆メリット◆

  • 住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に会わなくても、自宅で家づくりが進められる!
  • 複数社のプランを比較・検討できる!
  • 利用は全て無料!

なお、「タウンライフ家づくり」の利用方法については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
注文住宅資料一括請求サイト【タウンライフ家づくり】間取り作成を無料請求 【PR】 タウンライフ 注文住宅を検討する場合、・「規模は、どれくらい必要だろうか?」・「間取りをどうすれば良いのだろうか?」・「水回りだけは、こだわりたい!」...

6.建設関連記事

あわせて読みたい
◆住宅業界DX◆(7記事) 建設テックに関する記事を掲載しました。記事の内容につきましては、下記の記事テーマをクリックしてご覧ください。 【】 https://exceate.site/archives/23338 【】 ht...
あわせて読みたい
◆建設業手続き業務、入札・コンペ◆(3記事) 建設業の手続業務や入札・コンペなどに関する記事を掲載します。 【】 https://exceate.site/archives/12654 【】 https://exceate.site/archives/22774 https://exceat...
あわせて読みたい
◆建築費相場◆(4記事) 様々な建築物の見地菱相場に関する記事を掲載しました。記事の内容につきましては、下記の記事テーマをクリックしてご覧ください。 【】 https://exceate.site/archives...
あわせて読みたい
◆住宅施工管理・リフォーム工事・解体工事◆(14記事) 住宅新築工事、リフォーム工事、解体工事に関する記事を掲載します。 【】 https://exceate.site/archives/17970 https://exceate.site/archives/18025 https://exceate...
あわせて読みたい
施工管理技士は7種類:仕事内容や各資格の概要、勉強方法を解説 建設現場において、主任技術者や監理技術者になるために、施工管理技士の資格取得は必須となります。ただし、施工管理の対象物により、施工管理技士の資格は、7種類に分...
あわせて読みたい
◆レジリエンス◆(2記事) 罹災証明、シェルターなどに関する記事を掲載します。 【】 https://exceate.site/archives/18400 【】 https://exceate.site/archives/13424 【】 https://exceate.sit...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◆有限会社エクセイト研究所◆

職務:代表取締役
業務:不動産コンサルタント
   不動産投資(大家業)
   不動産ライター・ブロガー
資格:一級建築士
   1級土木施工管理技士
   宅地建物取引士
   測量士
   定借アドバイザー
   マスタースキューバダイバー
認定:プロクラウドワーカー
   認定ランサーズ
趣味:カヤック一人旅
   水辺ウォーキング
   スキューバダイビング
   メタバース:まちづくり
   サックス:JPOP、JAZZ
   

コメント

コメントする

目次