MENU

専任媒介契約:一般媒介契約との違いやメリット・デメリットを解説

  • URLをコピーしました!

不動産を売買したい場合や賃貸借したい場合、不動産会社に依頼します。

その際、媒介契約を締結することになり、
 ・一般媒介契約
 ・専任媒介契約
 ・専属専任媒介契約
という3種類の契約方式があります。

不動産の売買や賃貸借を検討されている方の中に、
「専任媒介契約とは、何だろうか?」
「他の媒介契約との違いは何だろうか?」
と、疑問の方はいませんか?

実は、依頼した1社の不動産会社からの売買・賃貸借活動の報告を確認しながら、自身でも顧客を探すことが可能などの点になります。

この記事では、

  1. 3つの媒介契約
  2. 専任媒介契約の特徴やメリット・デメリット、注意点
  3. 一般媒介契約の特徴やメリット・デメリット
  4. 専属専任媒介契約の特徴やメリット・デメリット
  5. 一般媒介・専任媒介・専属専任媒介契約の違い

について解説します。

専任媒介契約の特徴やメリット・デメリットを把握して、他の契約方法と使い分けることができます。

目次

1.3つの媒介契約

写真1.賃貸マンション
Δ写真1.賃貸マンション

不動産を売却する際、様々な不動産に関連する専門知識が必要になります。
通常、売主・貸主は、不動産会社と媒介契約を締結することにより、買主・借主を探してもらいます。
媒介契約は、選択した不動産会社と売買・賃貸借活動に関する契約を締結することです。

媒介契約には、
 ・一般媒介契約
 ・専任媒介契約
 ・専属専任媒介契約
の3種類があります。

3種類の媒介契約は、売主・貸主が売却活動に臨むスタンスにより異なります。

図1.媒介契約書
Δ図1.媒介契約書

売主・貸主自身が、

  • 売却・賃貸活動を複数の不動産会社に任せつつ、自身でも売却・賃貸活動を行いたい場合
  • 売却・賃貸活動を特定の不動産会社に任せつつ、自身でも売却・賃貸活動を行いたい場合
  • 売却・賃貸活動を特定の不動産会社に完全に任せたい場合

により、選択する媒介契約は異なります。

先ず、専任媒介契約の解説をした後、一般媒介契約や専属専任媒介契約についても簡単に解説します。

なお、忙しい方でも通勤時間や休憩時間などのスキマ時間で学習を進めることができ、
 ・わかりやすい
 ・低価格
を実現した宅地建物取引士講座については、下記の案内をご覧ください。



2.専任媒介契約の特徴やメリット・デメリット、注意点

写真2.分譲マンション
Δ写真2.分譲マンション

専任媒介契約は、3種類の媒介契約の中で、一般媒介契約と専属専任媒介契約の中間的な契約です。

2-1.専任媒介契約の特徴

専任媒介契約の特徴として、

  1. 不動産会社1社とのみ締結することが可能
  2. 売主・貸主自身が売却・賃貸活動を行い、買主・借主を見つけて売買・賃貸借契約を締結可能
  3. 媒介契約を締結した不動産会社による指定流通機構(REINS)(*1)への物件情報登録が義務
    指定流通機構への登録は、媒介契約を締結した翌日から7営業日以内
  4. 契約した不動産会社による売主への売却活動の報告義務は、14日に1回以内
  5. 媒介契約の有効期間は、3ヶ月以内

などです。

図2.不動産会社
Δ図2.不動産会社

*1 REINS:Real Estate Information Network System
国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムです。
登録をしている不動産会社のみが、レインズを利用することができる不動産情報ポータルサイトです。
一般の人は、利用することはできません。

2-2.専任媒介契約のメリット

専任媒介契約のメリットは、
・買主・借主を早く見つけることが可能
・売主・貸主が、買主・借主を見つけ契約締結可能
・窓口の一本化が可能
などです。

2-2-1.メリット1.買主・借主を早く見つけることが可能

専任媒介契約締結により、不動産会社は1社に絞られますので、積極的・優先的に売却・賃貸活動を行います。
買主・借主を見つけ、売主・貸主との売買契約を締結できれば、不動産業者は、仲介手数料を受け取ることができます。
したがって、早い段階で買主が見つかる傾向にあります。

図3.不動産会社による営業活動
Δ図3.不動産会社による営業活動

また、専任媒介契約を締結した翌日から7営業日以内に指定流通機構(レインズ)へ物件情報の登録義務があります。
物件情報が登録されますと、全国の不動産会社が閲覧可能となり、早い段階で買主・借主が見つかり易くなります。

早めに売却・賃貸したい売主・貸主にとって、専任媒介契約の選択は良策といえます。

2-2-2.メリット2.売主・貸主が、買主・借主を見つけ契約締結可能

売主・貸主が、買主・借主を見つけることができます。
親戚や友人・知人、勤務先の同僚、取引先などに買主や借主がいないとも限りません。

図4.自身でも営業活動可能
Δ図4.自身でも営業活動可能

買主・借主を見つければ、売買・賃貸借契約を直接締結することができ、不動産会社に支払う仲介手数料(*2)は不要です。

*2 仲介手数料
不動産の売買や賃貸の際、売買契約や賃貸借契約が成立した場合に、成功報酬として不動産会社に支払う手数料です。
売買の場合、以下の算式で仲介手数料の上限を算出します。

(成約価格×3%+6万円)×1.1(消費税10%

【事例1】
売主が、不動産会社の仲介により、自宅を3,000万円で買主と売買契約を締結した場合

仲介手数料=(3,000万円×3%+6万円)×1.1
     =105.6万円

売主は、不動産会社に対して、仲介手数料の上限値として105.6万円を支払います。
売主自身で買主を見つけ、売買契約をした場合、仲介手数料は不要となります。

2-2-3.メリット3.窓口の一本化が可能

専任媒介契約は、売主が不動産会社1社と契約しますので、売却活動の窓口を一本化できます。
不動産会社は、売主に対して、14日に1回の割合で売却活動の報告義務があります。
通常、広告活動の詳細などが、報告書の形式で売主に送られてきます。
買い手の反応などを見ながら、売却価格の調整などを不動産会社と行います。

2-3.専任媒介契約のデメリット

専任媒介契約のデメリットは、
・営業担当者の力量により、希望に沿う売却ができない可能性有
・囲い込みによる売却期間の長期化
などです。

2-3-1.デメリット1:営業担当者の力量により、希望に沿う売却ができない可能性有

媒介契約した不動産会社の中で、物件の営業担当者が決められます。
その営業担当者の力量により、物件の売却活動が大きく影響します。

力量のある営業担当者の場合、要所を押さえて売却活動を行います。
 ・価格・賃貸料の査定
 ・広告・案内活動
 ・物件案内
 ・買付け・賃借申込み
などの業務を、スムーズに滞りなくこなすことができます。

営業活動の中間報告も要所を押さえたわかりやすい報告書を作成し、売主・貸主の満足度は高くなります。
また、希望する売却価格・賃貸価格に近い金額での成約率が高くなります。

一方、力量不足の営業担当者の場合、要所を押さえての売却活動が困難となります。
上記の営業活動が後手になる傾向にあり、各業務が滞りがちとなります。
中間報告も、納得のいかない点が多くなります。

また、売却期間が長期化する可能性が高くなり、その対策として安易に売却価格を下げようとする嫌いがあります。
最悪の場合、いつまで経っても売却できない事態となります。

売主・貸主側も営業担当者の力量に対して疑問が生じた場合、交代を早期に申し入れる必要があります。
もしくは、契約期間満了時に不動産会社を変更することも視野に入れる必要があります。

図5.力量の無い営業担当者
Δ図5.力量の無い営業担当者

2-3-2.デメリット2:「囲い込み」による売却期間の長期化

媒介契約をした不動産会社が、「囲い込み」を行いますと、売却・賃貸期間の長期化を招く事態となります。

囲い込みは、不動産会社が両手仲介にこだわるあまり、片手仲介の可能性を排除し、機会損失を生じさせる行為です。

◆両手仲介◆

両手仲介は、不動産会社が、
 ・売主と買主
もしくは、
 ・貸主と借主
の両者と媒介契約を締結し、仲介手数料を両者から受け取る行為です。

例えば、売却活動の場合、売主が媒介契約を締結した不動産仲介業者が、買主を直接探した場合、売主と買主と両方から仲介手数料を受け散ることが可能です。

図6.両手仲介(出所:公益財団法人日本住宅総合センター)
Δ図6.両手仲介
(出所:公益財団法人日本住宅総合センター)※1

◆片手仲介◆

片手仲介は、
・売主・貸主が媒介契約している不動産会社A
・買主・借主が媒介契約している不動産会社B
が異なり、不動産会社同士が連絡・交渉を重ねて、
・売主と買主
・貸主と借主
の媒介契約を締結する行為です。

例えば、
・不動産会社Aは、売主・貸主から仲介手数料を受け取ることが可能
・不動産会社Bは、買主・借主から仲介手数料を受け取ることが可能
となります。

売却活動の場合、
・両手仲介は、売主と買主の両方から仲介手数料を受け取ることが可能
・片手仲介は、売主もしくは買主の片方から仲介手数料を受け取ることが可能
となります。

図7.片手仲介(出所:公益財団法人日本住宅総合センター)
Δ図7.片手仲介
(出所:公益財団法人日本住宅総合センター)※1

両手仲介の方が、売り上げを考えますと、有利になりことがわかります。

【事例2】
売主側の不動産会社A社が、「囲い込み」を図るとします。
A社としては、自社で買主を見つけますと、両手仲介となり、売り上げが増加します。
そのため、買主側の不動産会社:B社から購入依頼の連絡を受けても、「売却済」と嘘を言い断ります。
結局、物件が売却できるのは、A社が買主を直接見つけるルートしかなくなります。
売却活動が、必要以上に長期化することになります。

以上、専任媒介契約のメリット・デメリットをまとめますと下表の通りです。

表1.専任媒介契約のメリット・デメリット
Δ表1.専任媒介契約のメリット・デメリット

2-4.専任媒介契約の注意点

専任媒介契約の注意点として、
 ・不動産会社の選定
 ・媒介契約の解約条件を把握
 ・「おとり広告」をしている場合
 ・「囲い込み」をしている場合
などが挙げられます。

2-4-1.不動産会社の選定

専任媒介契約を締結することにより、希望価格で早期に売却することが目的です。
したがって、目的に適う不動産会社の選定が重要になります。

◆地元の不動産会社に依頼◆

売却・賃貸したい物件の立地近くに存在する不動産会社に依頼する方法です。

メリットは、地元で営業活動をしているため、物件の周辺相場や環境を詳しく把握している点です。
また、物件の内覧を行う場合には、スピーディな対応ができます。

デメリットは、地元密着型であるため、集客力という点では劣ります。

◆売却価格無料査定サイトを利用◆

売却の場合、売却価格無料査定サイトを利用する方法があります。

メリットは、不動産会社の売却価格査定価格を一度に数社から取寄せることができます。
その中から気に入った不動産会社を選択し、媒介契約することができます。

デメリットは、売却価格無料査定サイトには、数十ものサイトがあり、どのサイトを選択すれば良いのか迷う点です。
それぞれのサイトに、得意分野・不得意分野があり、まちまちとなる点です。
例えば、マンション売却は得意であるが、戸建て売却は不得意などです。
その見極めは、難しいです。

なお、不動産売却価格無料査定サイトについては、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
不動産売却価格査定サイト10選:選択方法、メリット・デメリット 不動産を売却する場合、利用するツールの一つとして「不動産売却価格査定サイト」があります。しかし、「不動産売却価格査定サイト」は、数十以上も運営されています。 ...

2-4-2.媒介契約の解約条件を把握

売主・貸主が、不動産会社と媒介契約を締結したものの、売却・賃貸活動に問題がある場合、契約期間中であっても中途解約することができます。

◆営業活動に問題がある場合◆

以下のいずれかに該当する場合、中途解約できる可能性があります。

  • 売却・賃貸活動を積極的に行っていない場合
    例えば、宣伝広告・案内を出していないなど
  • 媒介契約を締結した翌日から7営業日以内にレインズへの登録がなされていない場合
  • 14日に1回の売却活動報告がなされていない場合
  • 買い手・借りての引き合い情報の報告がなされていない場合
  • 物件内覧の希望者の事前通知がなされていない場合
図8.中途解約
Δ図8.中途解約

◆やむを得ない理由が生じた場合◆

やむを得ない理由が生じた場合でも、中途解約できる可能性があります。

  • 売主・貸主自身が買主を見つけた場合
  • 熟慮した結果、売却・賃貸するタイミングではないと判断した場合
  • 転勤を理由に引っ越しを余儀なくされ、売却・賃貸を進めていたが、急遽転勤がなくなり売却・賃貸しなくてもよくなった場合

ただし、不動産会社に落ち度が無く、売主・貸主の一方的な理由で契約期間中に中途解約を申し出ても、基本的には認められません。

その場合、契約期間:3ヶ月経過後の更新時に、更新しない旨を不動産会社に連絡すれば、問題なく解約できます。

どうしても契約期間中に解約したい場合、

  • 宣伝・広告費用
  • 売却活動に関連する経費:交通費・通信費

などをペナルティとして請求される可能性があります。

2-4-3.「おとり広告」をしている場合

不動産会社が「おとり広告(*3)」を使った集客をしている場合、注意する必要があります。
不動産会社の利益中心による姿勢が見え、顧客に対してサービスが行き届いていない可能性が高いからです。

*3 おとり広告
おとり広告は、売却する意思のない条件の良い物件などを、集客目的や手持ち物件売却目的で広告することです。
宅地建物取引業法第32条に抵触し違反となります。

対策として、媒介契約を締結する不動産会社の物件情報などを、店頭やWEBサイトなどで調査します。
他の売却物件と比較して、条件が特別良い物件が長期間に亘り掲載されていないかを確認します。

また、不動産会社にストレートに「おとり広告」をしているかを尋ね、その反応を観察すればおおよそ判別できます。

図9.確認の連絡
Δ図9.確認の連絡
  • 「おとり広告」をしていない会社の反応は、落ち着いた様子で「していません」との返事があります。
  • 「おとり広告」をしている会社の反応は、慌てた様子で「していません」との返事があり、中には今後の対応を拒絶する会社もあります。

2-4-4.「囲い込み」をしている場合

不動産会社が「囲い込み」をしている場合、売却期間が長期に亘る可能性が高まります。

対策として、不動産会社にストレートに「囲い込み」をしているかを尋ねるだけでも効果があります。
「囲い込み」をしていても、「しています」と返答する不動産会社はありません。
しかし、売主・貸主が「囲い込み」のことを知っていると不動産会社に認識させるだけでも、抑制効果があります。

2-5.専任媒介契約を利用した方が良い人

専任媒介契約をおすすめの人は、

  • 売却・賃貸を急いでいる人
  • 売主・貸主が買主・借主を見つけ、売買・賃貸借契約をする可能性のある人
  • 複数の不動産会社を相手にするのではなく、一本化したい人

などです。

2-5-1.売却を急いでいる人

売却を急いでいる人は、専任媒介契約をおすすめいたします。

不動産会社は、仲介手数料を確実に得ることができる専任媒介契約の物件を積極的・優先的に売却活動を行います。
また、媒介契約を締結した翌日から7営業日以内に物件情報を指定流通機関(レインズ)に登録義務があります。
登録されますと、全国の不動産会社の目に留まります。
不動産会社が抱えている買い手・借りて候補者にも物件情報が流れますので、見込み客の増加に繋がります。

図10.不動産会社に早期売却を相談
Δ図10.不動産会社に早期売却を相談

したがって、早期に売却できる可能性が高まります。

2-5-2.売主・貸主が買主・借主を見つけ、売買・賃貸借契約をする可能性のある人

売主・貸主が、親戚や友人・知人、勤務先の同僚や取引先などの買い手・借りて候補者に声をかけて、買主・借主を見つける可能性がある場合、専任媒介契約をおすすめいたします。

専任媒介契約は、売主・貸主が買主・借主を見つけても良いことを条件に売買契約することを認めているからです。

【事例3】
売主の友人が、マイホームを探している場合です。
売主が、自宅を売却したい旨を友人に伝えた際、友人が売主の物件を見学・内覧して気に入ったとします。
しかし、他の物件と比較検討して決めたいと申し入れをされた場合、売主は、

・友人が、売主の物件を購入したい場合:売主と友人が直接売買契約
・友人が、売主の物件を断念したい場合:別の買主と不動産会社を介して売買契約

と、どちらでも対応できるように専任媒介契約を締結することが賢明といえます。

2-5-3.複数の不動産会社を相手にするのではなく、一本化したい人

複数の不動産会社を相手にする時間がない人は、専任媒介契約をおすすめします。

例えば、売却活動の場合、初期段階において売却価格の査定を行います。
複数社から提示を受けますと、整理が必要になります。
取引が1社のみですと、整理する時間を大幅に削減でき、やり取りも楽になりますので、専任媒介契約の選択が賢明といえます。

なお、専任媒介契約での取引事例については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
区分マンション売却事例:リフォーム無し状態で、競合3部屋に勝つ! マンションを売却したい場合、「リフォームして売却した方が、良いのだろうか?」「リフォームせずに売却した方が、良いのだろうか?」と、悩んでおられるはいませんか...

なお、忙しい方でも通勤時間や休憩時間などのスキマ時間で学習を進めることができ、
 ・わかりやすい
 ・低価格
を実現した宅地建物取引士講座については、下記の案内をご覧ください。



3.一般媒介契約の特徴やメリット・デメリット

写真3.戸建て住宅
Δ写真3.戸建て住宅

一般媒介契約は、3種類の媒介契約の中で、最も制約の少ない契約です。

3-1.一般媒介契約の特徴

一般媒介契約の特徴として、

  • 複数の不動産会社と媒介契約を締結可能
  • 売主・貸主自身が売却活動を行い、買主・借主を見つけて売買・賃貸借契約の締結可能
  • 媒介契約を締結した不動産会社による指定流通機構(レインズ)への物件情報登録は任意
  • 不動産会社による売主・貸主への売却・賃貸活動の報告義務は無い
  • 媒介契約の有効期間の規定は無い
    目安は3ヶ月以内

などです。

3-2.一般媒介契約のメリット

一般媒介契約のメリットは、

複数の不動産会社と媒介契約を締結可能な点です。
それだけ売却・賃貸情報を多数の買い手・借り手の目に触れさせることができ、売却・賃貸借の可能性が高まります。
不動産会社同士の競争心を煽ることができ、売却活動の促進に繋がります。

また、売主・貸主自身が売却・賃貸活動を行い、買主・借主を見つけて売買・賃貸借契約を締結可能な点です。

3-2.一般媒介契約のデメリット

一般媒介契約のデメリットは、媒介契約を締結した複数の不動産会社の全てが、積極的に売却活動を行うわけではない点です。
不動産会社の中には、積極的に売却活動をしたところで、他の不動産会社に売買契約を取られてしまうと、全然売上げが上がらなくなります。
そのため、売却活動を行わないケースが、少なからずあります。

また、指定流通機構(レインズ)への登録が義務ではないため、媒介契約をした不動産会社が、売却活動を怠る会社ばかりになりますと、逆に買い手の目に触れる機会が少なくなります。

したがって、メリット・デメリットは表裏一体の関係にあります。

なお、一般媒介契約については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
一般媒介契約:専任媒介契約との違いやメリット・デメリットを解説 不動産を売買したい場合や賃貸借したい場合、不動産会社に依頼します。 その際、媒介契約を締結することになり、 ・一般媒介契約 ・専任媒介契約 ・専属専任媒介契約...

なお、忙しい方でも通勤時間や休憩時間などのスキマ時間で学習を進めることができ、
 ・わかりやすい
 ・低価格
を実現した宅地建物取引士講座については、下記の案内をご覧ください。



4.専属専任媒介契約の特徴やメリット・デメリット

写真4.賃貸マンション
Δ写真4.賃貸マンション

専属専任媒介契約は、3種類の媒介契約の中で、最も制約の多い契約です。

4-1.専属前任媒介契約の特徴

専属専任媒介契約の特徴として、

  • 不動産会社1社とのみ締結することが可能
  • 売主・貸主自身が売却・賃貸活動を行い、買主・借主を見つけての売買・賃貸借契約の締結不可
  • 媒介契約を締結した不動産会社による指定流通機構(レインズ)への物件情報登録が義務
    指定流通機構への登録は、媒介契約を締結した翌日から5営業日以内
  • 契約した不動産会社による売主への売却活動の報告義務は、7日に1回以内
  • 媒介契約の有効期間は、3ヶ月以内

などです。

4-2.専属専任媒介契約のメリット

不動産会社は、自社以外に売買・賃貸借契約を締結できないため、安心して売却活動に臨むことができます。
指定流通機構にも物件情報の登録義務があり、その分多くの買主・借主の目に留まる可能性が高くなります。
したがって、早く売買・賃貸借契約を締結できる傾向にあります。

売主・貸主は、売却・賃貸活動を完全に不動産会社に任せることになりますので、仕事などで忙しい人の場合、都合の良い契約となります。

4-3.専属専任媒介契約のデメリット

媒介契約を締結した不動産会社が、買主・借主を見つけられない場合、売却活動が長引くこともあります。

売却活動が長引きますと、
 ・住宅ローン返済
 ・固定資産税・都市契約税
が嵩むことになります。

マンションの場合、さらに管理費・修繕積立金の支払いが上乗せされます。

その場合、媒介契約の有効期間:3ヶ月経過後に更新をせず、不動産会社を変更することができます。

売主・貸主自身が買主・借主を見つけて売買契約をすることはできません。
ただし、売主・貸主が見つけた買主・借主を、媒介契約を締結した不動産会社を通して、売買・賃貸借を契約することはできます。

その場合、不動産会社と専属専任媒介契約をした意味が薄れます。

なお、忙しい方でも通勤時間や休憩時間などのスキマ時間で学習を進めることができ、
 ・わかりやすい
 ・低価格
を実現した宅地建物取引士講座については、下記の案内をご覧ください。



5.一般媒介・専任媒介・専属専任媒介契約の違い

写真5.戸建て住宅
Δ写真5.戸建て住宅

一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の違いを解説します。

5-1.宅建業法上の違い

宅建業法(宅地建物取引業法)上の違いを下表にまとめます。

表2.3種類の媒介契約の違い
Δ表2.3種類の媒介契約の違い

5-2.売却時の媒介契約の割合

マンション売却時に、交わされた媒介契約の割合を、公益財団法人日本住宅総合センターが公表しています。

表3.売却確定時に交わした媒介契約の種類の割合
表3.売却確定時に交わした媒介契約の種類の割合
(出所:公益財団法人日本住宅総合センター)※1
図11.売却確定時に交わした媒介契約の種類の割合
Δ図11.売却確定時に交わした媒介契約の種類の割合
(出所:公益財団法人日本住宅総合センター)※1

マンション売却に限りますと、専属専任媒介契約が最もよく利用され、次いで専任媒介契約、一般媒介契約の順になります。

なお、忙しい方でも通勤時間や休憩時間などのスキマ時間で学習を進めることができ、
 ・わかりやすい
 ・低価格
を実現した宅地建物取引士講座については、下記の案内をご覧ください。



6.まとめ

以上、

  1. 3つの媒介契約
  2. 専任媒介契約の特徴やメリット・デメリット、注意点
  3. 一般媒介契約の特徴やメリット・デメリット
  4. 専属専任媒介契約の特徴やメリット・デメリット
  5. 一般媒介・専任媒介・専属専任媒介契約の違い

について解説しました。

以上、媒介契約の種類や、専任媒介契約のメリット・デメリット、注意点、おすすめの人について解説しました。

専任媒介契約を締結することにより、
 ・希望価格で売却
 ・早期に売却
することが目的です。

そのためにも、不動産会社の選定は重要となります。

親身・丁寧にスピーディな対応してもらえる不動産会社との専任媒介契約の締結をおすすめいたします。

7.お役立ち情報案内

不動産に関するお役立ち情報を案内します。
ご活用ください。

7-1.【タウンライフ不動産(売却)】無料申込

◆サービス概要◆

あなたの売りたい住宅や不動産を、全国300社以上の不動産会社が査定して一括で見積比較ができるサービスです。
ネットで簡単に、無料で不動産売却の査定を依頼することができます。

◆メリット◆

  • 複数社の比較・検討で査定価格の相場が分かる!
  • メールで不動産売売却に関するお悩みも解決!
  • 利用は全て無料!

7-2.【タウンライフ不動産(買い替え)】無料申込

◆サービス概要◆

売りたい住宅や不動産の査定から、購入物件探しまでをサポートするサービスです。
全国300社以上の不動産会社の物件資料や売却査定を複数の会社に一括で依頼することができます。

◆メリット◆

  • 豊富な物件資料が届くから探す手間を省ける!
  • 売れる相場が分かる!
  • 物件購入のための資金計画書も無料で作成!

7-3.国家資格を目指す方のためのオンライン資格講座【スタディング】

◆サービス概要◆

  • 【時間がなくてもOK】
    スマホ・PC・タブレットで学べるため、日々忙しく勉強時間の取りづらい社会人・主婦・学生などの方に向いています。
    低価格で経済的負担も少ないです。
  • 【見やすく分かりやすい】
    授業風景を録画しただけなのではなく、映像講座として専用のフォーマットで編集された講座は、視覚的で理解しやすいと好評です。
  • 【暗記力に自信がなくてもOK】
    脳科学に基づき暗記を補助する便利なツールや、記憶が消えないうちに定着を促進する問題練習機能も充実しており、無理なく進めて合格できる実力がつきます。 



8.参考・引用Webサイト

※1 「既存住宅取引と媒介契約制度」に関する調査研究」(平成31年3月)
    公益財団法人 日本住宅総合センター

https://www.hrf.or.jp/webreport/pdf-report/pdf/kisonbaikai.pdf

9.不動産関連記事

あわせて読みたい
◆その他の不動産投資・取引・登記・資格・相場・開発・利用方法・アプリ・家事代行サービス◆(16記事) その他の不動産投資・取引・開発・利用方法・アプリに関する記事を掲載しました。 【】 https://exceate.site/archives/168 https://exceate.site/archives/14006 【】 ...
あわせて読みたい
◆戸建住宅(注文住宅・分譲住宅)の計画、売買、リフォーム◆(26記事) 戸建住宅(注文住宅・建売住宅)の計画、売買、リフォームに関する記事を掲載しました。記事の内容につきましては、下記の記事テーマをご覧ください。 【】 注文住宅に...
あわせて読みたい
◆分譲マンションの売買◆(11記事) 分譲マンションに関する記事を掲載しました。 【】 <マンション売却査定サイト> https://exceate.site/archives/382 <大規模修繕工事との関係> https://exceate.sit...
あわせて読みたい
◆住宅ローン・不動産投資ローン・火災保険◆(22記事) 住宅ローン・不動産投資ローン・火災保険に関する記事を掲載しました。 【】 <住宅ローンの審査> https://exceate.site/archives/11152 https://exceate.site/archive...
あわせて読みたい
◆アパート、マンション(1棟)投資・経営◆(24記事) アパート・マンション投資・経営、不動産資格についての記事を掲載しました。 【】 <投資を始める前に!> https://exceate.site/archives/3865 https://exceate.site/...
あわせて読みたい
◆空き家・古家:問題・対策◆(7記事) 空き家・古家:問題・対策に関する記事を掲載しました。 【】 <空き家問題> https://exceate.site/archives/9212 <空き家対策> https://exceate.site/archives/9418...
あわせて読みたい
◆区分マンション投資・経営◆(3記事) 区分マンション投資に関する記事を掲載しました。 【】 新築ワンルーム投資 https://exceate.site/archives/5220 中古ワンルーム投資 https://exceate.site/archives/53...
あわせて読みたい
◆不動産・住宅DX・メタバース◆(13記事) 不動産・住宅会社に対するDX支援を行います。 不動産・まちづくりのメタバースによる支援 不動産・建設会社従業員の副業支援:WEBライテイング WEBマーケティング関...
あわせて読みたい
◆記事制作・記事監修◆ ・不動産会社や建設会社・工務店、人材派遣会社などへ記事提供・不動産関連WEBサイトの記事監修 【】 Δ写真1.記事制作 不動産会社や建設会社・工務店、人材派遣会社な...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◆有限会社エクセイト研究所◆

職務:代表取締役
業務:不動産コンサルタント
   不動産投資(大家業)
   不動産ライター・ブロガー
資格:一級建築士
   1級土木施工管理技士
   宅地建物取引士
   測量士
   定借アドバイザー
   マスタースキューバダイバー
認定:プロクラウドワーカー
   認定ランサーズ
趣味:カヤック一人旅
   水辺ウォーキング
   スキューバダイビング
   メタバース:まちづくり
   サックス:JPOP、JAZZ
   

コメント

コメントする

目次