MENU

住宅リフォームの重要性:場所別に補修のタイミングや費用を徹底解説

  • URLをコピーしました!

住宅は、築年数と共に風雨による劣化損傷や老朽化により、徐々に傷み始めます。
そのため、定期的にリフォームを行うことが重要です。

リフォームを行うことにより、
 ・住宅の長寿命化
 ・資産価値の維持
へと繋がります。

しかし、
「どのタイミングでリフォームを行なえばいいのだろうか?」
「費用は、どれくらいかかるのだろうか?」
と、お悩みの方はいませんか?

実は、リフォームのタイミングや費用には、目安があります。

この記事では、

  1. 住宅リフォームの重要性
  2. 住宅リフォームの種類
  3. 住宅リフォームの重要な箇所
  4. 住宅リフォームのタイミング
  5. 住宅リフォームの費用

について解説します。

住宅リフォームのタイミングや費用の目安を知ることで、リフォームの
 ・資金計画を立て易く
 ・事前準備をし易く
なります。

目次

1.住宅リフォームの重要性

写真1.外壁・屋根塗装工事
Δ写真1.外壁・屋根塗装工事

住宅リフォームをタイミング良く行うことにより、
 ・長寿命化
 ・売却する際の価格向上
を図ることができます。

1-1.こまめなリフォームで長寿命化

住宅の中でも外気に接する外壁や屋根は、直射日光や風雨に晒され、劣化損傷が一番生じやすくなります。

図1.外壁や屋根は傷みやすい
Δ図1.外壁や屋根は傷みやすい

外壁や屋根をこまめにリフォームすることにより、長寿命化を図ることができ、長期間快適に過ごすことができます。

1-2.売却価格の向上

築年数が古く、適度なリフォームが施されずに劣化損傷が至る所に見られる住宅は、売却しようとしても買手が敬遠し、売却価格の下落を招きます。

図2.リフォームが行われていない家
Δ図2.リフォームが行われていない家

外壁や屋根、内装、設備・器具などのリフォームがしっかり行われ、住宅全体のコンディション(住み心地)が良好でれば、資産価値を維持することができます。

図3.リフォームが行われている家
Δ図3.リフォームが行われている家

なお、外壁・屋根塗装優良店のお見積りが、最大4社まで無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



2.住宅リフォームの種類

写真2.業者による外壁塗装
Δ写真2.業者による外壁塗装

住宅リフォームの種類には、
 ・日々の掃除
 ・DIY
 ・業者による修繕工事
があります。

2-1.日常の掃除

日々の掃除は、床掃除や拭き掃除、庭掃除などを指します。
日々の掃除により、外装・内装の汚れなどを点検でき、劣化・損傷個所を早期に見つけることができます。

図4.日常の掃除
Δ図4.日常の掃除

劣化・損傷の度合いが小さい段階で補修できますので、その分補修費用も抑えることができます。

2-2.DIY

DIY(Do It Yourself)は、自身で何かを作り、修理することです。

例えば、
・外壁を高圧洗浄機にて綺麗にすること
・部屋の壁紙の傷やはがれた箇所の貼替え
などして修理することです。

図5.壁紙の張替え
Δ図5.壁紙の張替え

修理費用は、材料代だけで抑えることができます。

2-3.業者による修繕工事

業者による修繕工事は、劣化・損傷箇所などの修繕工事を専門業者に依頼することです。

例えば、
・屋根瓦の割れなどの修繕工事
・外壁の飛来物による損傷の修繕工事
などです。

図6.外壁の修繕工事
Δ図6.外壁の修繕工事

長期間に亘り、家屋の健全な状態を維持することができますが、修繕工事費用は高くなります。

なお、業者への発注方法や手抜き工事を防止する対策については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
外壁・屋根塗装マニュアル1:業者への発注方法、手抜き工事を防止 リフォーム業界では、外壁・屋根塗装は、 ・悪徳業者にだまされやすい ・手抜き工事をされると言われています。 その様な状況下「トラブル回避のポイントやコツはない...

また、外壁・屋根塗装優良店のお見積りが、最大4社まで無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



3.住宅リフォームの重要な箇所

写真3.屋根塗装
Δ写真3.屋根塗装

住宅リフォームで重要な場所として、
 ・外壁塗装
 ・屋根塗装
 ・水道設備
 ・壁・床
などが挙げられます。

3-1.外壁塗装

外壁は直接、直射日光や台風による風雨に晒されます。
見た目の変化が無くても、外壁を構成する建材の内側から劣化していく場合があります。

長年風雨に晒されますと、建材の中に湿気がたまり、機能が徐々に低下します。
そのため、外壁を構成する建材を長持ちさせるために、塗装が施されます。

図7.外壁塗装工事
Δ図7.外壁塗装工事

新築時に施された塗装は、永久にはもちません。
年月の経過と共に劣化していくため、外壁の状態を見極めながら定期的に塗装を施す必要があります。

3-2.屋根塗装

屋根も外壁と同様に、直射日光や台風による風雨に晒されます。
長年風雨に晒されますと、新築時に施された塗装が徐々に剥げ落ち、劣化損傷が進行します。
そのため、年月の経過と共に、タイミング良く塗装などを施す必要があります。

Δ図8.屋根修理
Δ図8.屋根修理

3-3.水道設備

キッチン・浴室・洗面・トイレなどの水回り設備や給湯器、水道管なども経年劣化に備える必要があります。

例えば、

  • 蛇口を回しても水の出の勢いが弱い
  • 水道管から水漏れが生じる
  • 給湯器の故障によりお湯が出なくなる

といった現象が出始めます。

図9.キッチンでの水漏れ
Δ図9.キッチンでの水漏れ

日頃からの手入れの良し悪しにより、寿命の年数が異なります。

3-4.壁や床

壁や床も経年劣化に備える必要があります。
家族構成や日頃の手入れの良し悪しによっても、寿命は大きく異なります。

例えば、年少の子供がいる場合、床・壁に対する傷や汚しの度合いが酷くなるケースもあります。

その様な場合、リフォームのタイミングを早める必要性が生じます。

なお、外壁・屋根塗装工事の流れや作業内容については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
外壁・屋根塗装マニュアル3:工事の基本的流れや作業内容を徹底解説 リフォーム業界では、外壁・屋根塗装は、 ・悪徳業者にだまされやすい ・手抜き工事をされると言われています。 手抜き工事をさせないためにも、工事の ・基本的な流...

また、外壁・屋根塗装優良店のお見積りが、最大4社まで無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



4.住宅リフォームのタイミング

写真4.塀ブロック吹付
Δ写真4.塀ブロック吹付

一般的に、住宅リフォームは、
・新築から築10年以上経過した段階
・第2段階として築20年以上経過した段階
・第3段階として築35年以上経過した段階
で必要になります。

適度なリフォームを施すことなく放置し続けますと、劣化損傷が酷くなり、修繕工事費用が高くつきます。

築10年、築20年、築35年経過した際に、点検・確認を行い、不安要素をタイミング良く取り除くことにより、住宅の長寿命化へと繋がります。

4-1.外壁塗装

外壁塗装のタイミングの目安は、下表の通りです。

表1.外壁塗装のタイミング
Δ表1.外壁塗装のタイミング

4-1-1.築10年~築20年

外壁の多くは、サイディングというパネル化した建材製品が使用されています。
塗装してコーティングすることで、耐久性が上がります。

塗料の違いにより、耐用年数は異なります。

表2.塗料ごとの耐用年数
Δ表2.塗料ごとの耐用年数

耐用年数が長くなる分、費用も高くなります。

サイディングのパネルとパネルの継ぎ目には、シーリングを施しますが、約10年経過すれば、ひび割れなどの傷みが生じます。
同じタイミングで、打ち直しする必要もあります。

図10.シーリング
Δ図10.シーリング

4-1-2.築20年~築35年

築20年~築35年経過しますと、木造・鉄骨造ともに法定耐用年数を超過します。
家屋については、資産価値が無くなります。
外壁については、

  • 古いサイディングに新しいサイディングを重ねる増貼り
  • 古いサイディングを新しいサイディングに貼替え

なども念頭に置く必要があります。

4-2.屋根塗装

屋根塗装のタイミングの目安は、下表の通りです。

表3.屋根塗装のタイミング(目安)
Δ表3.屋根塗装のタイミング(目安)
(出所:住宅産業協議会)※1

4-2-1.築10年~築25年

屋根の雨漏りは、築10年経過しますと対策が必要になるケースもあります。
屋根勾配、瓦の有無・形状などにより、作業内容や工程が異なります。
築10年では、葺替えの必要はなく、表面塗装で可能です。

図11.雨漏り
Δ図11.雨漏り

4-2-2.築20年~築35年

瓦の部分的な割れや瓦を留める漆喰の崩れなどが生じ、メンテナンスを行う必要があります。
瓦と下地の両方の劣化・損傷が酷い場合、瓦などの葺替えが必要になります。

4-3.水道設備

水道設備メンテナンスのタイミングは、下表の通りです。

表4.水道設備リフォームのタイミング(目安)
Δ表4.水道設備リフォームのタイミング(目安)
(出所:住宅産業協議会)※1

4-3-1.築10年~築20年

給湯器の故障が生じるようになります。
水道管からの漏水が生じる時期でもあります。

図12.水道管からの漏水
Δ図12.水道管からの漏水

4-3-2.築20年~築35年

水回り設備(キッチン・浴室・洗面・トイレなど)の交換時期に入ります。

4-4.壁や床

壁・床などの内装材のメンテナンスのタイミングは、下表の通りです。

表5.壁や床などの内装材リフォームのタイミング(目安)
Δ表5.壁や床などの内装材リフォームのタイミング(目安)
(出所:住宅産業協議会)※1

壁や床などの内装においても、築10年以上経過しますと、クロスに汚れや変色が目立つようになり、傷やはがれなども生じる時期です。
できれば10年ごとに点検し、部分補修や貼替えを行いますと、家の中を綺麗に維持することができます。

DIYで張り替えても良いですし、内装業者に依頼して長くもたせる工事を施すのも良いです。

なお、外壁・屋根塗装の基本調査や塗装色については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
外壁・屋根塗装マニュアル2:基本調査や塗装色の検討 外壁・屋根のメンテナンスを行う際、先ず外壁・屋根の ・塗装面積 ・傷み具合 ・色の把握などを調査する必要があります。 それらを把握しないと、見積り金額を出せな...

また、外壁・屋根塗装優良店のお見積りが、最大4社まで無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



5.住宅リフォームの費用

写真5.外壁・屋根塗装後
Δ写真5.外壁・屋根塗装後

分譲マンションの場合、主に共用部分の大規模修繕工事に対して、修繕積立金があります。

戸建て住宅の場合、
 ・自身で修繕費用を積み立て
 ・リフォームローンなどの利用
するなどして、用立てる必要があります。

特に設備や内装の場合、耐用年数は建物よりも短期間になるため、意外と出費が重なります。

建物や設備などの劣化・損傷に備えるためにも、リフォーム費用の目安を知っておくことは大切です。

ただし、リフォーム費用は、築年数や階数、修繕面積、劣化損傷程度などにより違います。

【事例】
ここで、モデルケースとして、延床面積:145㎡、2階建てで、一般的な仕様が用いられている戸建て住宅を想定します。
(出所:住宅産業協議会)※1
◆算出条件◆
・屋根面積:120㎡(勾配屋根)
・外壁面積:170㎡

5-1.外壁塗装

外壁塗装のメンテナンス費用の目安は、下表の通りです。

表6.外壁塗装のリフォーム費用(目安)
Δ表6.外壁塗装のリフォーム費用(目安)
(出所:住宅産業協議会)※1

5-2.屋根塗装

屋根塗装のメンテナンス費用の目安は、下表の通りです。

表7.屋根塗装のメンテナンス費用(目安)
Δ表7.屋根塗装のメンテナンス費用(目安)
(出所:住宅産業協議会)※1

住宅の周りに足場を組んで外壁塗装を行う場合、足場だけで20万円~40万円の費用を要します。
したがって、屋根塗装も同時に行った方が効率的です。

5-3.水道設備

水道設備メンテナンス費用の目安は、下表の通りです。

表8.水道設備リフォーム費用(目安)
Δ表8.水道設備リフォーム費用(目安)
(出所:住宅産業協議会)※1

5-4.壁や床

壁・床などの内装材のメンテナンス費用は、下表の通りです。

表9.壁や床などの内装材リフォーム費用(目安)
Δ表9.壁や床などの内装材リフォーム費用(目安)
(出所:住宅産業協議会)※1

5-5.外壁塗装と屋根塗装は同時に行う方が割安

外壁塗装も屋根塗装も足場が必要になります。
足場費用は、工事価格の17%前後を占め、決して安くありません。

別々に塗装を行いますと、2回分の足場費用が必要になります。
同時に行えば、1回分の足場費用で済みます。

予算との兼ね合いもありますが、外壁塗装と屋根塗装を同時に行う方が割安になります。

なお、外壁・屋根塗装の相場については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
外壁・屋根塗装マニュアル4:塗料の単価・特徴や費用相場を徹底解説 外壁・屋根塗装は、戸建て住宅の中でも費用がわかりにくい作業の一つです。業者ごとに、 ・職人の熟練度 ・材料の仕入れ方 ・材料のグレードに違いがあるためです。 ...

また、外壁・屋根塗装優良店のお見積りが、最大4社まで無料で取得することが可能なサービスについては、下記の案内をご覧ください。



6.まとめ

以上、

  1. 住宅リフォームの重要性
  2. 住宅リフォームの種類
  3. 住宅リフォームの重要な箇所
  4. 住宅リフォームのタイミング
  5. 住宅リフォームの費用

について解説しました。

住宅メンテナンスを定期的に行い、補修・修繕工事などを的確に行えば、住宅寿命を延ばすことができます。

特に、傷みが酷くなりやすい外壁や屋根の早期メンテナンスは重要です。

住宅に異常を発見した場合や気になる点が生じた場合、専門業者に点検・確認を依頼し、早期に補修・修繕工事を施されることをおすすめいたします。

なお、おすすめの外壁塗装業者紹介サイト4選を案内しますので、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
おすすめ外壁塗装業者紹介サイト4選:業者の選択方法、注意点を解説 公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターによりますと、外壁塗装業者による相談件数は、年々増加傾向にあります。相談内容は、高額な見積もりを提示され契約...


ちなみに、有限会社エクセイト研究所におきましても、無料相談を受付しております。
気軽にご相談ください。

7.お役立ち情報案内

住宅に関するお役立ち情報を案内します。
ご活用ください。

7-1.加盟店者数最大級【外壁塗装の窓口】

◆サービス概要◆

上場企業のグループ会社が運営している「外壁塗装の窓口」です!
日本最大級の塗装店とのネットワークを持っており、全国4,000社と提携しています。
優良店のお見積りが、最大4社無料で取得することが可能です。
外壁塗装でお困りなら、是非ご利用ください!



7-2.【タウンライフリフォーム(外壁・屋根特集)】無料/申込

◆サービス概要◆

外壁・屋根に対応したリフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、リフォーム費用のお見積りや、リフォームのアドバイスを無料でご提案するサービスです。

◆メリット◆

  • 気に入ったリフォーム会社を選べる!
  • 複数社のプランを比較・検討できる!
  • 利用は全て無料!

7-3.【タウンライフ家づくり】間取りプランを無料で作成

◆サービス概要◆

  • 全国600社以上の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な
     「間取りプラン」
     「資金計画」
    を無料でご提案するサービスです。
  • ネットで簡単に複数の住宅会社に、オリジナルの「家づくり計画書」を依頼することができます。

◆メリット◆

  • 住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に会わなくても、自宅で家づくりが進められる!
  • 複数社のプランを比較・検討できる!
  • 利用は全て無料!

なお、「タウンライフ家づくり」の利用方法については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
注文住宅資料一括請求サイト【タウンライフ家づくり】間取り作成を無料請求 【PR】 タウンライフ 注文住宅を検討する場合、・「規模は、どれくらい必要だろうか?」・「間取りをどうすれば良いのだろうか?」・「水回りだけは、こだわりたい!」...

8.参考・引用Webサイト

※1 「住まいと設備のメンテナンススケジュールガイド」
    住宅産業協議会

https://www.hia-net.gr.jp/schedule2.html

9.建設関連記事

あわせて読みたい
◆住宅業界DX◆(7記事) 建設テックに関する記事を掲載しました。記事の内容につきましては、下記の記事テーマをクリックしてご覧ください。 【】 https://exceate.site/archives/23338 【】 ht...
あわせて読みたい
◆建設業手続き業務、入札・コンペ◆(3記事) 建設業の手続業務や入札・コンペなどに関する記事を掲載します。 【】 https://exceate.site/archives/12654 【】 https://exceate.site/archives/22774 https://exceat...
あわせて読みたい
◆建築費相場◆(4記事) 様々な建築物の見地菱相場に関する記事を掲載しました。記事の内容につきましては、下記の記事テーマをクリックしてご覧ください。 【】 https://exceate.site/archives...
あわせて読みたい
◆住宅施工管理・リフォーム工事・解体工事◆(14記事) 住宅新築工事、リフォーム工事、解体工事に関する記事を掲載します。 【】 https://exceate.site/archives/17970 https://exceate.site/archives/18025 https://exceate...
あわせて読みたい
施工管理技士は7種類:仕事内容や各資格の概要、勉強方法を解説 建設現場において、主任技術者や監理技術者になるために、施工管理技士の資格取得は必須となります。ただし、施工管理の対象物により、施工管理技士の資格は、7種類に分...
あわせて読みたい
◆レジリエンス◆(2記事) 罹災証明、シェルターなどに関する記事を掲載します。 【】 https://exceate.site/archives/18400 【】 https://exceate.site/archives/13424 【】 https://exceate.sit...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◆有限会社エクセイト研究所◆

職務:代表取締役
業務:不動産コンサルタント
   不動産投資(大家業)
   不動産ライター・ブロガー
資格:一級建築士
   1級土木施工管理技士
   宅地建物取引士
   測量士
   定借アドバイザー
   マスタースキューバダイバー
認定:プロクラウドワーカー
   認定ランサーズ
趣味:カヤック一人旅
   水辺ウォーキング
   スキューバダイビング
   メタバース:まちづくり
   サックス:JPOP、JAZZ
   

コメント

コメントする

目次