MENU

海・川・湖沼の渡し舟・水上バス:水都大阪1:天保山渡船場

  • URLをコピーしました!

渡し舟(わたしぶね)は、河川や港湾、湖沼などの両岸を往復して人や物資を運ぶ船もしくは航路です。
渡船(とせん)とも言います。
渡し舟に乗降する場所を
 ・渡し場(わたしば)
 ・渡船場(とせんじょう、とせんば)
といいます。

「海・川・湖沼の渡し舟・水上バス」シリーズでは、全国の渡し舟や水上バスを紹介します。

今回は、水都大阪の渡し舟を紹介します。

目次

1.水都大阪の渡船場

大阪市内には8カ所の渡船場があります。

  1. 天保山(てんぽうざん)渡船場
  2. 甚兵衛(じんべえ)渡船場
  3. 千歳(ちとせ)渡船場
  4. 落合上(おちあいかみ)渡船場
  5. 落合下(おちあいしも)渡船場
  6. 千本松(せんぼんまつ)渡船場
  7. 船町(ふなまち)渡船場
  8. 木津川(きづがわ)渡船場

運営は大阪市が行っており、乗船料は無料です。

1-1.大坂渡船場の位置図

上記8カ所の渡船場位置は、下図の通りです。

図1.大阪の渡し舟位置図:出所:大阪市建設局
Δ図1.大阪の渡し舟位置図
出所:大阪市建設局(※1)

1-2.大阪渡船場の経緯

大阪は数多くの川が流れ、「水の都」と呼ばれた大阪には、人々の往来のための渡船場が各所にありました。
当初民間によって営まれていた渡船は、明治24年に大阪府が「渡船営業規則」を定め「監督取締り」を行います。
明治40年には
 ・安治川
 ・尻無川
 ・淀川筋
の29渡船場については市営事業として市が管理しました。

大正9年4月、旧道路法の施行により渡船は無料となります。
昭和7年4月以降はそれまでの請負制を改め、ほとんどが市の直営方式になります。
昭和10年頃には、
 ・渡船場31か所
 ・保有船舶数69隻
   ・機械船:32隻
   ・手漕ぎ船:37隻
   ・年間利用者
     ・歩行者:約5,752万人
     ・自転車等:約1,442万台
を数えました。

その後、橋梁の架設など道路施設の整備に伴って、渡船場は次第に廃止されました。
昭和20年には、戦災によってその多くを失いました。
昭和23年に15か所で再開されましたが、戦災復興とともに道路をはじめとする都市施設が整備されます。
モータリゼーションの進展もあって、渡船の利用は次第に減少しました。
昭和53年には
 ・渡船場:12か所
 ・利用者数:約250万人
令和4年度では、
 ・渡船場:8か所
 ・利用者数:約152万人
になっています。

2.天保山(てんぽうざん)渡船場の概要

今回は、天保山渡船場について案内します。

2-1.天保山渡船場の位置図

天保山渡船場は、大阪市内を流れる安治川下流部に位置します。
 ・天保山(港区築港3丁目)
 ・此花区桜島3丁目
とを結びます。

図2.天保山渡船場位置図1
Δ図2.天保山渡船場位置図1

安治川に架かる天保山大橋のすぐ下流側に位置します。

図3.天保山渡船場位置図2
Δ図3.天保山渡船場位置図2

天保山渡船場の航空写真を挙げます。

写真1.天保山渡船場:航空写真
Δ写真1.天保山渡船場:航空写真

2-2.天保山渡船場の経緯

天保山渡船場は、明治38 年に開設されました。
この渡しは、大阪港の繁栄を企図した大阪市が港湾振興策の一環として始めたものです。
昭和15年までは市の港湾部が所管しました。

当初は天保山、桜島、築港大桟橋の間を三角運航していました。
大阪港の繁栄につれて利用者が増え、築港桟橋を基点に木津川、尻無川方面にも運航区域を広げます。
大正11年に天保山桟橋が完成して内航客船が発着するようになってからは、天保山~桜島間を終夜運航した時代もありましが、昭和元年には現在のルートになります。
昭和初期には桜島付近の重工業化が進んで通勤用としても利用されました。

昭和12年12月1日午後9時ごろ、渡船が突風にあおられて転覆、軍需工場帰りの乗客53人の犠牲者を出す事故が発生しました。

昭和15年に経営は土木部(現建設局)に移され、現在にいたります。
 ・昭和42年:1日平均1,700人
 ・令和4年:1日平均649人
の利用者がいます。

2-3.天保山渡船場の乗船場

乗船場は、安治川を挟んで
 ・右岸(北側):桜島側
 ・左岸(南側):天保山公園側
にあります。

2-3-1.天保山公園側(左岸・南側)の乗船場

天保山公園側乗船場の様子です。

2-3-2.桜島側(右岸・北側)の乗船場

桜島側乗船場への出入口です。

写真6.桜島側乗船場出入口
Δ写真6.桜島側乗船場出入口

2-3-3.乗船場の最寄り駅

天保山渡船場の最寄駅は、
・天保山公園側:大坂メトロ中央線;大阪港駅
・桜島側:JRゆめ咲線;桜島駅
となります。

図4.天保山渡船場の最寄駅位置図
Δ図4.天保山渡船場の最寄駅位置図
出所:大阪市建設局(※3)

2-4.天保山渡船場の時刻表

渡し舟は、基本的に天保山公園側(左岸・南側)の乗船場に停泊しています。

対岸側の運航時間は渡船場により異なりますが、対岸側には約1から5分後到着し、お客様が乗船次第すぐ出航する事となっております。

天保山公園側乗船場の標準時刻表は下図の通りです。

図5.天保山公園側乗船場の標準時刻表
Δ図5.天保山公園側乗船場の標準時刻表

3.実際に乗船

筆者は、天保山渡船場に行き、桜島側乗船場から乗船し、天保山公園側乗船場へ向かいました。
その様子を撮影しましたので、ご覧ください。
ちなみに、出航時刻に間に合わせるために走って乗船場に向かいましたので、動画冒頭部において「ハーハー」と息が粗くなっています。

ΔYouTube動画:天保山渡船場
桜島側乗船場→天保山公園側乗船場

天保山大橋や観光船:サンタマリアもタイミング良く撮影できました。

4.まとめ

以上、

  1. 水都大阪の渡船場
  2. 天保山(てんぽうざん)渡船場の概要
  3. 実際に乗船

について解説しました。

渡し舟は観光船と違い、地元に住む人たちの
 ・通勤
 ・通学
 ・買い物
などの交通手段として利用されています。
それ故に、渡し舟は地域の顔でもあります。

明治時代から受け継がれてきた地域遺産ともいえる天保山渡船場が、末永く地元住民に活かされ存続することを願います。

5.お役立ち情報案内

建設に関するお役立ち情報を案内します。
ご活用ください。

5-1.建設業界専門の転職支援サービス【RSG Construction Agent】転職・求職者募集

◆特 徴◆

  • 建設業界に特化した転職支援サービスを提供
  • 建設・人材業界出身のコンサルタントが、 一人一人の求職者を担当し、高いマッチング力とフォロー体制で、入社までサポート

◆メリット◆

  • 業界に精通したプロが対応
  • 月収UP率99%以上/年収1.2倍〜1.5倍UPへ
  • 充実した転職サポート
  • 業界トップクラスの求人案件数



5-2.施工管理技士資格試験の受験対策通信教育講座「独学サポート事務局」

◆特 徴◆

  • 「作文作成代行」は競合他社にない画期的サービス
  • 受験者鬼門の経験記述論文を受験者本人の希望に合わせて代行作成・添削指導
  • 「作成代行」単体を求めて他学習方法と併用する方も例年多数

◆メリット◆

  • 参考書などで独学、うち添削指導・作成代行など経験記述を完全に対策できるのは弊社サービスのみ
  • 弊社商品ですべての受験対策を網羅

◆対象者◆

  • 1級・2級土木施工管理技士
  • 1級・2級建築施工管理技士
  • 1級・2級電気工事施工管理技士
  • 1級・2級管工事施工管理技士
  • 1級・2級造園施工管理技士
  • 1級・2級建設機械管理技士
  • 1級・2級電気通信施工管理技士

の国家試験受験者



なお、施工管理技士の内容については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
施工管理技士は7種類:仕事内容や各資格の概要、勉強方法を解説 建設現場において、主任技術者や監理技術者になるために、施工管理技士の資格取得は必須となります。ただし、施工管理の対象物により、施工管理技士の資格は、7種類に分...
あわせて読みたい
土木施工管理技士:取得するメリットや試験概要、受験対策を徹底解説 建設業界において、慢性的な人材不足が叫ばれる中、特に技術者の確保は最重要事項です。特に、建設工事現場において、責任者の立場に就くために必須となる土木施工管理...
あわせて読みたい
建築施工管理技士:取得するメリットや試験概要、受験対策を徹底解説 建設業界において、慢性的な人材不足が叫ばれる中、特に技術者の確保は最重要事項です。特に、建築工事現場において、責任者の立場に就くために必須となる建築施工管理...

6.参考・引用Webサイト

※1 「渡船場」
    大阪市建設局西部方面管理事務所河川・渡船管理事務所

https://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011244.html

※2 「渡船場マップ」
    大阪市建設局西部方面管理事務所河川・渡船管理事務所

https://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011242.html

※3 「天保山(てんぽうざん)渡船場」
    大阪市建設局西部方面管理事務所河川・渡船管理事務所

https://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011249.html

7.水辺プロデュース関連記事

あわせて読みたい
◆水辺ウォーキング◆(34記事) 水辺ウォーキングを ・水都大阪 ・水都東京 ・兵庫県(神戸市)において行い、その様子を記事にまとめました。 【】 淀川、大川、土佐堀川、堂島川、安治川、東横堀...
あわせて読みたい
◆カヤック一人旅◆(12記事) キャンピングカーに乗り、「カヤック一人旅」をするのが、趣味です。主な活動エリアは、淀川水系、大阪湾、瀬戸内海ですが、たまに隅田川にも行きます。行きたい時に、...
あわせて読みたい
◆水辺まちづくりの調査・研究・絵画◆(11記事) 水辺まちづくりに関して 都心の水辺動向 治水対策 浄水対策 ダイクハウス(堤防住居) 水景(絵画) の記事を掲載しました。記事の内容につきましては、下記の記事テー...
あわせて読みたい
◆水辺まちづくりの啓発活動・建議献策◆(10記事) 水辺まちづくりの啓発活動 水辺まちづくりの建議献策 和船の復活 の記事を掲載します。 【】 https://exceate.site/archives/228 https://exceate.site/archives/11822 ...
あわせて読みたい
◆水辺建築・施設、渡し舟・水上バスの調査・研究◆(11記事) 水都大阪、水都東京を中心として、水辺建築を取材します。 水都大阪 水都東京 水辺建築としての城郭 書籍紹介 記事の内容につきましては、下記の記事テーマをクリックし...
あわせて読みたい
◆日本酒によるまちづくり◆(4記事) 日本酒によるまちづくりを行うにあたり、日本酒に関する情報収集を行います。 【】 https://exceate.site/archives/26759 https://exceate.site/archives/13577 【】 Un...
あわせて読みたい
◆記事制作・記事監修◆ ・不動産会社や建設会社・工務店、人材派遣会社などへ記事提供・不動産関連WEBサイトの記事監修 【】 不動産会社や建設会社・工務店、人材派遣会社などへ記事提供をして...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◆有限会社エクセイト研究所◆

職務:代表取締役
業務:不動産コンサルタント
   不動産投資(大家業)
   不動産ライター・ブロガー
資格:一級建築士
   1級土木施工管理技士
   宅地建物取引士
   測量士
   定借アドバイザー
   マスタースキューバダイバー
認定:プロクラウドワーカー
   認定ランサーズ
趣味:カヤック一人旅
   水辺ウォーキング
   スキューバダイビング
   メタバース:まちづくり
   サックス:JPOP、JAZZ
   

コメント

コメントする

目次