MENU

派遣社員が住宅ローンを組める?条件や融資ポイントについて徹底解説

  • URLをコピーしました!

住宅購入する際、住宅ローンを利用する人が大半です。
金融機関に住宅ローン申請をして審査を受け、通過すれば利用できます。

しかし、
「派遣社員が住宅ローンを組むのは難しいのでは?」
と、お考えての方はいませんか?

実は、住宅ローンの審査条件を通過し易くするポイントさえ押さえれば、正規雇用や非正規雇用に関係なく、住宅ローンを利用できます。

この記事では、

  1. 派遣社員は、住宅ローン審査の通過が困難?
  2. 住宅ローンの申請条件
  3. 派遣社員が住宅ローン審査を通過するポイント

について解説します。

派遣社員でも、住宅ローンの申請内容を整えれば、無理なく利用することができます。

目次

1.派遣社員は、住宅ローン審査の通過が困難?

写真1.注文住宅
Δ写真1.注文住宅

派遣社員は、契約期間が決められています。
したがって、長期間に亘るローン返済に支障が生じやすいと判断され、住宅ローンの審査が通りにくくなります。

金融機関による住宅ローンの審査の判断基準は、「安定した収入が継続的にあるか?」という点です。
収入源が断たれる事態になれば、ローン返済ができなくなります。

図1.住宅ローン返済
Δ図1.住宅ローン返済

金融機関は、その様なリスクを避けるために、派遣社員に対して審査を厳しくします。

1-1.住宅ローン借入可能額は、年収の35%が限度

住宅ローンの借入可能額は、30%~35%が限度となります。
その範囲内ですと、金融機関は、収入に対する年間の返済額に無理が無いと判断します。

例えば、フラット35の場合ですが、年間返済限度額は、

年収が400万円未満の場合、
 年間返済額は、年収の30%以下となり、
  400万円×30%=120万円

年収が400万円以上の場合、
 年間返済額は、年収の35%以下となり、
  400万円×35%=140万円

となります。

金融機関ごとに返済比率が設定されていますので、確認が必要です。

なお、住宅ローンの借入可能額の目安については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
住宅ローンの借入可能額の目安:無理なく返済するポイントや注意点 住宅購入を検討されている方の中に、「住宅ローン借入可能額は、いくらになるのだろうか?」「年収の何倍くらいが目安になるのだろうか?」と、お悩みの方はいませんか...

1-2.住宅ローン借入可能額は、住宅の担保評価にも影響

購入予定の住宅の担保評価が、融資金額に見合うのかも影響します。

万が一、住宅ローンの返済が滞る事態に陥りますと、金融機関は、
 ・住宅の差押え
 ・競売にかけて売却
します。
その売却額で、住宅ローン残債に充てようとします。

なお、住宅ローンが滞る場合については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
住宅ローン返済不能の行末・リスク・前後対策(任意売却など)を解説 マイホームを建築・購入する場合、大半の方は、住宅ローンを組みます。また、住宅ローンの返済期間は、25年~35年の長期間で組む方が多数を占めます。マイホームを取得...

新築住宅の場合、評価額も高くなり、借入可能額は高めに設定されます。
しかし、築古住宅や耐震基準が脆弱な住宅になりますと、評価額が低めに設定されます。

そうなりますと、
 ・融資審査を通過できない
 ・借入可能額が低く設定される
場合もあります。

なお、全国600社以上の注文住宅会社が、あなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な
 「間取りプラン」
 「資金計画」
を無料でご提案するサービスについては、下記の記事をご覧ください。

2.住宅ローンの申請条件

写真2.注文住宅
Δ写真2.注文住宅

住宅ローンの申請条件として、
 ・年齢
 ・職業・職種
 ・年収・勤続年数
 ・信用情報
などがあります。

2-1.年齢

大半の金融機関が、完済時の上限年齢を80歳に設定しています。
例えば、住宅ローンの返済期間を35年にする場合、44歳までに借入をすれば良いことになります。

図2.完済時の上限年齢は80歳
Δ図2.完済時の上限年齢は80歳

借入時の上限年齢は、65~70歳に設定している金融機関が大半となります。
例えば、65歳の人が住宅ローンの返済期間を14年で借入した場合、80歳までに返済できるプランとなり、住宅ローンを組むことができます。

しかし、派遣社員の場合、退職金を見込めませんので、40歳を過ぎてから住宅ローンを組むことは難しくなります。

可能であれば、40歳未満で住宅ローンを組みたいところです。

2-2.職業・職種

職業や職種によっても、安定した収入を長期間に亘り得られるか否かを判断されます。
それらに加え、勤務先企業や雇用形態からも判断されます。
一般的には、正規雇用の方が派遣社員よりも長期間、安定収入を見込めると判断され、有利になります。

図3.正規雇用と非正規雇用
Δ図3.正規雇用と非正規雇用

しかし、金融機関が最終的に判断するポイントは、
 ・職業や職種
 ・正規雇用か派遣社員か
 ・大企業か中小企業か
ではありません。

住宅ローンの返済能力があると判断されるか否かです。

大企業で正規雇用の人でも、返済能力が無いと判断されれば、借入できません。
中小企業の派遣社員でも、返済能力があると判断されれば、借入できます。

図4.ポイントは返済能力の有無
Δ図4.ポイントは返済能力の有無

職業・職種は、参考程度に考えると良いです。

2-3.年収・勤続年数

年収は、住宅ローン返済の原資となり重要です。

例えば、フラット35の場合、
・年収400万円未満のローン返済率は30%以下
・年収400万円以上のローン返済率は35%以下
と規定されています。

年収により、
 ・住宅ローンの借入可能額
 ・購入する住宅の規模やグレード
が決定します。

また、勤続年数も判断されるポイントとなります。

勤続年数が長い人の場合、
 ・安定して働き続ける
 ・安定して給与収入が入ってくる
と判断されるからです。

図5.勤続年数が長い人は有利
Δ図5.勤続年数が長い人は有利

勤続年数の規定は、金融機関により異なりますが、概ね1年~3年以上となります。

逆に勤続年数1年未満で、職を転々としている場合、借入は困難となります。

2-4.信用情報

個人信用情報は、過去に個人が行った金融取引の履歴を記録した情報です。
 ・金融機関からの借入
 ・クレジットカードなどの返済状況
 ・債務整理の履歴
などの情報が記録されています。

図6.クレジットカードの使い過ぎに注意
Δ図6.クレジットカードの使い過ぎに注意

多額の借入や返済滞納などの記録がありますと、住宅ローン返済能力に対して疑問符が付き、借入できない可能性が高くなります。

ただし、個人信用情報は、一定期間を過ぎますと削除されます。
過去に返済滞納などがある場合、時間の経過とともにマイナス情報が削除されてから、住宅ローンの申請を考えるのが賢明です。

なお、住宅ローンの仮審査については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
住宅ローン:仮審査・事前審査のチェック項目、流れ、対処法を解説 住宅ローンを申込む場合、「どの様な審査が行われているのか?」「どの項目を重視して審査しているのか?」と、疑問の方はいませんか? 実は、審査項目を把握していれば...

また、住宅ローンの本審査については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
住宅ローン:本審査で落ちる理由、落ちないための対策を解説 住宅ローン審査は、仮審査(事前審査)、本審査と2回行われます。 「仮審査・事前審査と本審査の違いは何だろうか?」「仮審査・事前審査を通過後に、本審査で落ちるこ...

なお、全国600社以上の注文住宅会社が、あなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な
 「間取りプラン」
 「資金計画」
を無料でご提案するサービスについては、下記の記事をご覧ください。

3.派遣社員が住宅ローン審査を通過するポイント

写真3.注文住宅
Δ写真3.注文住宅

派遣社員が住宅ローンを通過するポイントは、
 ・団体信用生命保険への加入
 ・申請物件は築年数が浅く担保評価が高い
 ・勤続年数は最低でも1年以上
 ・フラット35を検討
などです。

3-1.団体信用生命保険(団信)への加入

住宅ローンの申請する際、団体信用生命保険(団信)に加入することが条件となります。

団信は、債務者が死亡もしくは高度障害になった場合、保険会社がローン残高を代わりに支払ってくれる住宅ローン専用の生命保険です。
その分、金利は若干高くなります。

債務者の家族にとっては、債務者に万が一のことがあっても、
・住宅ローンの返済が無くなる
・住宅は、債務者もしくは債務者の相続人の所有となる
というメリットがあります。

ただし、団信に加入する条件は、加入時点で健康であることです。

図7.団信加入は、健康であることが条件
Δ図7.団信加入は、健康であることが条件

病気の状態では、加入することができませんので、住宅ローンの借入も困難となります。
過去に大病を患っていた場合、回復して3年経過すれば、借入できる可能性があります。

3-2.申請物件は築年数が浅く担保評価が高い

住宅購入の資金計画において、住宅ローンで大半を賄いたい場合、
 ・築年数が浅い
 ・評価額が高い
住宅を選定する必要があります。

図8.築年数が浅く評価額が高い住宅
Δ図8.築年数が浅く評価額が高い住宅

金融機関は、新築住宅の場合、購入価格を評価額とする場合が多くなります。
中古住宅の場合、築年数と共に評価額が下がり、中古住宅購入価格よりも評価額が下がることもあります。

金融機関は、購入する住宅の評価額に見合う融資を行います。
したがって、購入価格と住宅の評価額が同程度であれば、購入価格に相当する借入を行うことができます。

一方、購入価格よりも評価額が下がる場合、評価額に相当する借入しかできません。
不足分は自己資金で補う必要があります。

3-3.勤続年数は最低でも1年以上

金融機関によっても異なりますが、勤続年数は最低でも1年以上続いている状態がベターです。
都市銀行になりますと、3年以上を条件とするところもあります。

しかし、金融機関の中には、勤続年数が1年未満でも融資を行うところもあります。
 ・過去の勤務先の勤続年数が長い場合
 ・購入する住宅の評価額が高い場合
 ・自己資金の投入比率が高い場合
などです。

金融機関は、住宅ローンの返済見通しが十分に立つと判断すれば、融資実行をします。

なお、住宅ローンの頭金については、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
マイホーム購入:頭金の目安は?住宅ローン返済や売却時に失敗しないために! マイホームを購入する場合、大半の方が住宅ローンを利用します。「頭金をいくら準備すれば良いのか?」「頭金無しで購入すると、後々ローン返済が苦しくなるのでは?」...

3-4.フラット35を検討

派遣社員の場合、特にフラット35の検討をお勧めします。
その理由は、審査項目に雇用形態が含まれていないからです。

また、審査項目に勤続年数も含まれていないため、1年未満であっても借入審査を通過する可能性があります。

政府の住宅政策でもありますが、職業や職種に関係なく住宅を取得できるようにする方針です。

図9.マイホーム購入
Δ図9.マイホーム購入

したがって、住宅金融支援機構などの政府系金融機関の活用もポイントの一つです。

なお、全国600社以上の注文住宅会社が、あなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な
 「間取りプラン」
 「資金計画」
を無料でご提案するサービスについては、下記の記事をご覧ください。

4.まとめ

以上、

  1. 派遣社員は、住宅ローン審査の通過が困難?
  2. 住宅ローンの申請条件
  3. 派遣社員が住宅ローン審査を通過するポイント

について解説しました。

契約期間が定められている派遣社員が、住宅ローンを利用する場合、審査項目の中で一番ネックになるのが、雇用形態や勤続年数などです。
金融機関の審査は、安定した返済能力を重要視するからです。

それらを補うために、
 ・担保評価の高い住宅の選定
 ・勤続年数が長い状態でのローン申請
 ・自己資金を多めに備える
などが考えられます。

また、国の住宅政策でもありますが、正規雇用や非正規雇用に関係なく、住宅を所有できるようにするために政府系金融機関(住宅金融支援機構、日本政策金融公庫)があります。

審査項目に雇用形態や勤続年数が無い「フラット35」などを活用し、希望に近い住宅を確保されることをおすすめいたします。

5.お役立ち情報案内

不動産に関するお役立ち情報を案内します。
ご活用ください。

5-1.【タウンライフ家づくり】間取りプランを無料で作成

◆サービス概要◆

  • 全国600社以上の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な
     「間取りプラン」
     「資金計画」
    を無料でご提案するサービスです。
  • ネットで簡単に複数の住宅会社に、オリジナルの「家づくり計画書」を依頼することができます。

◆メリット◆

  • 住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!
  • 複数社のプランを比較・検討できる!
  • 利用は全て無料!

なお、「タウンライフ家づくり」の利用方法については、下記の記事をご覧ください。

5-2.注文住宅無料資料請求サイト【持ち家計画】

◆サービス概要◆

一度の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に無料資料請求・来場申込が出来るサイトです。

注文住宅で家を建てたいと思っていても、どこに依頼したら良いか悩む人は多いはず。
持ち家計画では、一度の入力で全国100社以上の住宅メーカーからお客様の条件やご希望に合った企業を選ぶこ とができるので、依頼先の検討に最適です。

◆メリット◆

無料資料請求だけでなく、全国(離島など一部除く)のハウスメーカーを選択でき、 自宅近くの展示場・店舗への来場申込が可能です。



なお、「持ち家計画」の詳しい内容につきましては、下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
注文住宅資料一括請求サイト「持ち家計画」のメリット・デメリット 注文住宅を計画する場合、「何から手を付ければよいのか?わからない」「住宅会社のペースに乗せられてしまうのではないか?」と悩んでおられる方はいませんか? じっく...

5-3.住宅ローンを無料で一括比較「モゲチェック」(これから家を買う方向け:借り入れ)

◆サービス概要◆

  • モゲチェックは住宅ローンをお客様に代わって一括比較し、 毎月の返済額や総返済額を抑えたり、 良い条件で借りられる銀行をご提案するオンラインサービスです。
  • ご利用は無料、入力時間はおよそ5分で、 ご自分にピッタリの金融機関の提案をスマホやPCで受けることができます。
  • ネットバンク、大手銀行、地方銀行などの主要金融機関からご提案をします。
  • 結果は即時に表示され、疑問やお悩みは住宅ローンのプロであるアドバイザーとやりとりできます。
  • 最新の住宅ローン金利・情報や、 見逃しやすい期間限定の金利などを含めてお得な住宅ローンをご紹介します。

◆特 徴◆

  • お客様の登録情報と銀行の審査基準をもとに、主要銀行を一括比較
  • おすすめの理由と通る確率がわかる
  • よりおトクに借りるためのアドバイスも提示
  • ご利用は無料で、住宅ローンのプロにも質問・相談ができる
  • 有名TV番組や新聞などでも掲載



6.不動産関連記事

あわせて読みたい
◆住宅ローン・不動産投資ローン・火災保険◆(22記事) 住宅ローン・不動産投資ローン・火災保険に関する記事を掲載しました。 【】 <住宅ローンの審査> https://exceate.site/archives/11152 https://exceate.site/archive...
あわせて読みたい
◆戸建住宅(注文住宅・建売住宅)の計画、売買、リフォーム◆(25記事) 戸建住宅(注文住宅・建売住宅)の計画、売買、リフォームに関する記事を掲載しました。記事の内容につきましては、下記の記事テーマをご覧ください。 【】 注文住宅に...
あわせて読みたい
◆分譲マンションの売買◆(11記事) 分譲マンションに関する記事を掲載しました。 【】 <マンション売却査定サイト> https://exceate.site/archives/382 <大規模修繕工事との関係> https://exceate.sit...
あわせて読みたい
◆アパート、マンション(1棟)投資・経営◆(24記事) アパート・マンション投資・経営、不動産資格についての記事を掲載しました。 【】 <投資を始める前に!> https://exceate.site/archives/3865 https://exceate.site/...
あわせて読みたい
◆空き家・古家:問題・対策◆(7記事) 空き家・古家:問題・対策に関する記事を掲載しました。 【】 <空き家問題> https://exceate.site/archives/9212 <空き家対策> https://exceate.site/archives/9418...
あわせて読みたい
◆区分マンション投資・経営◆(3記事) 区分マンション投資に関する記事を掲載しました。 【】 新築ワンルーム投資 https://exceate.site/archives/5220 中古ワンルーム投資 https://exceate.site/archives/53...
あわせて読みたい
◆その他の不動産投資・取引・登記・資格・相場・開発・利用方法・アプリ・家事代行サービス◆(16記事) その他の不動産投資・取引・開発・利用方法・アプリに関する記事を掲載しました。 【】 https://exceate.site/archives/168 https://exceate.site/archives/14006 【】 ...
あわせて読みたい
◆不動産・住宅DX・メタバース◆(13記事) 不動産・住宅会社に対するDX支援を行います。 不動産・まちづくりのメタバースによる支援 不動産・建設会社従業員の副業支援:WEBライテイング WEBマーケティング関...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◆有限会社エクセイト研究所◆

職務:代表取締役
業務:不動産コンサルタント
   不動産投資(大家業)
   不動産ライター・ブロガー
資格:一級建築士
   1級土木施工管理技士
   宅地建物取引士
   測量士
   定借アドバイザー
   マスタースキューバダイバー
認定:プロクラウドワーカー
   認定ランサーズ
趣味:カヤック一人旅
   水辺ウォーキング
   スキューバダイビング
   メタバース:まちづくり
   サックス:JPOP、JAZZ
   

コメント

コメントする

目次